HOME

        

最新情報庚申庵公式SNSへ
「フォロー」「いいね」お願いします。

 

ふじまつり…4月22日(土)〜30日(日)

haiku②20140705初桜花の世の中よかりけり       

[掲句大意]
(ことしも桜が咲き初めた。これからだんだんと桜が咲いてゆくと、この世の中は、明るく楽しく幸せいっぱいになることだなあ。)春 季語 初桜

【評釈】
 桜が開き始めたのを見て、桜が咲き満ちる好季の到来を、期待をもって詠んだ句。尊敬する芭蕉の「軽み」の句に傾倒して作った句である。松山市三津の厳島神社境内にある天神社に「紗空楽都閑(桜塚)」と名付けられた句碑があり、芭蕉の「軽み」の代表句「木のもとに汁も鱠も桜かな」と、この句の合わせ句碑となっている。樗堂は生前、「塚しるし(句碑)無益。終には犬糞の掃き寄せ場となるなり」と、句碑を作ることを禁じたが、松田寒桃ら三津浜の俳人たちは、樗堂を敬慕する心止みがたく、樗堂の没した翌文化十二(一八一五)年二月建立した。

解説:庚申庵倶楽部輪読会 今村威